顧みられない熱帯病の根絶を目指す議員連盟が発足しました。

2019年5月21日、塩崎恭久衆院議員を会長とし、秋野公造参議院議員を事務局長とする「顧みられない熱帯病の根絶を目指す議員連盟」が発足しました。発足式には、三原朝彦衆院議員、冨岡勉衆院議員や国光あやの衆院議員を始め、外務省、厚生労働省、JICA、AMED、GHIT Fund、エーザイ、NGOなどの多くの団体・企業からの参加があり、盛大に執り行われました。発足式では、議員連盟の名称の決定、会長の選任、活動の方針が採択され、終了しました。塩崎会長からは、NTDsは、最貧層のUHC、さらにSDGsの達成にとって重要課題であり、日本はその技術や経験を活かし、世界に貢献できるとの言葉が述べられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー