WHOの西太平洋地域事務所がNTD対策の行動枠組みを発表しました。これによると、西太平洋地域で6種類(ハンセン病、リンパ系フィラリア症、狂犬病、住血吸虫症、トラコーマ、風土性トレポネーマ症)の制圧および、その他NTDsの […]

Categories:

Trends in Parasitology に掲載された論説で、これまで学齢期の児童を対象にしてきた住血吸虫症対策を全年齢層へ拡大すべきとの意見が提示されました。GHITが開発をサポートしている小児用治療薬についても言 […]
お知らせ

JAGntd連続ウェビナー第2弾「顧みられない熱帯病との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」を開催中です。

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。