論説:住血吸虫症対策をすべての年齢層へ

Trends in Parasitology に掲載された論説で、これまで学齢期の児童を対象にしてきた住血吸虫症対策を全年齢層へ拡大すべきとの意見が提示されました。GHITが開発をサポートしている小児用治療薬についても言及されています。