WHOがリンパ系フィラリア症対策の2019年進捗報告を発表しました。キリバス、マラウィ、イエメンで「公衆衛生上の問題としての制圧」が認められたとのことです。

Tags:

Comments are closed

お知らせ

サイト改修中につき、一部不具合が見受けられます。申し訳ございません。