JAGntd主催シンポジウムのお知らせ【予告】

11月1-3日にオンライン開催されるグローバルヘルス合同大会2020大阪にて、シンポジウム「顧みられない熱帯病:日本は次の10年の戦略を描けるか?」を開催します(主催:JAGntd、共催:SDGs・プロミス・ジャパン)。日時などは、追って告知いたします。

 

シンポジウム概要(案)

世界の貧困層を苦しめる顧みられない熱帯病(NTDs)。今年、世界保健機関(WHO)が新しいNTDs対策ロードマップを発表、2030年までの方向性を打ち出します。本シンポジウムでは、日本でNTDs対策に関わる組織を産学官民から集め、今後10年の日本のNTDs戦略について話し合います。日本からの貢献をより効果的にするために、各組織で何ができるか、また、産学官民の協働を深めるにはどうすべきか、パネリストや会場にお越しの皆様と議論します。

Read more

開発途上国の感染症対策に資する診断薬・医療機器に関するアンケート

長崎大学熱帯医学研究所NTDイノベーションセンターでは、途上国の感染症や国際市場やに関心のある日本の診断薬・医療機器メーカーの皆様を対象としたアンケートを実施しています。当該分野における開発研究のパートナーシップを促進するため、ぜひアンケートにご協力ください。

 

Read more

本日22時 Uniting Efforts for Innovation, Access & Delivery オンラインセミナー

本日22時(日本時間)より、Uniting Efforts for Innovation, Access & Delivery によるオンラインセミナーが開催されます。Discussion Paper  “Landscape of Funding and Financing Opportunities for Access and Delivery of Health Technologies for Neglected Diseases” についての議論が展開されるようです。詳しくはこちら

Read more

本日夜8時から Power the Youth / Power the Partnership: End the Neglect

NTDsアドボカシーのオンラインイベント、本日夜8時(日本時間)からです。お見逃しなく!

Home

 

 

Read more

6/25オンラインイベント Power the Partnership: End the Neglect

NTDsのアドボカシー・イベントが6/25にオンライン開催されます。詳細や参加登録は下記から。

http://powerthepartnership.unitingtocombatntds.org/

Read more

GHIT Fund 公募情報

GHIT Fundより本日新たな公募情報が公開されました。
  • Intention to Apply 提出期限:2020年7月29日AM10:00
  • Full Proposal提出期限:2020年8月17日AM10:00
2020年7月22日(水)16:00 – 17:30(日本時間)
Read more

オンラインイベント “Financing for Access & Delivery Amid a Global Crisis: Innovative Approaches to Maintain Momentum on Neglected Diseases.”

日本政府、UNDA傘下のAccess and Delivery PartnershipおよびGHIT Fundによるオンラインイベントが7月2日22:00(日本時間)から開催されます。NTDs関連医薬品の資金調達(Financing)がメインテーマになります。参加登録はこちらから。

Read more

WHOオンラインセミナー 新NTDロードマップとパンデミック

6月17日(日本時間21時から)、WHOが新しいNTDロードマップについてのウェブセミナーを開催します。当初、この日にロードマップを正式発表する予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で年末に延期されたとのことです。

 

 

Read more

西太平洋地域でのNTD対策のための行動枠組み

WHOの西太平洋地域事務所がNTD対策の行動枠組みを発表しました。これによると、西太平洋地域で6種類(ハンセン病、リンパ系フィラリア症、狂犬病、住血吸虫症、トラコーマ、風土性トレポネーマ症)の制圧および、その他NTDsの対策を目指すとのことです。

Read more

論説:住血吸虫症対策をすべての年齢層へ

Trends in Parasitology に掲載された論説で、これまで学齢期の児童を対象にしてきた住血吸虫症対策を全年齢層へ拡大すべきとの意見が提示されました。GHITが開発をサポートしている小児用治療薬についても言及されています。

Read more