NTDロードマップ、世界保健総会で提出へ

2020年2月6日、世界保健総会理事会は、WHO事務局長に対し、NTDロードマップを作成し、世界保健総会へ提出するように要請するとの決定を下しました。これにより、今年5月の世界保健総会でNTDロードマップが採択される公算が高まりました。

決定の全文はこちら

Read more

Uniting Efforts for Innovation, Access and Delivery: A Second Global Dialogue に出席

2月2-3日に日本政府・GHIT Fund・国連開発計画がバンコクで開催した会議に出席してきました。今回のテーマは、1)アクセスしやすい医薬品を開発するにはどうしたらよいか、2)医薬品のアクセス&デリバリーに必要な資金をどう確保するか、というものでした。会議の報告書は、近日中にこちらのウェブサイトに掲載されるそうです。

Read more

キガリ・サミット特集ページを開設

今日1/30は、世界NTDsの日。そして、今年の山場はなんといっても、世界中のNTDsリーダーが一堂に会する、6月のキガリ・サミットでしょう。

JAGntdでは、本日、キガリ・サミットの特集ページを開設しました。今後、サミットに関わる最新情報を掲載していきます。サミットの成功に向けて、日本の皆様からのご支援・ご協力をお願いいたします。

キガリ・サミット特集

Read more

NTDサミット、ルワンダでの準備が進んでいます

今年6月に行われる予定の「マラリアとNTDsのキガリ・サミット」の準備が、ホスト国であるルワンダで着々と進んでいるようです。

Rwanda to host global summit on Malaria and NTDs

このサミットを通して、世界中からNTDs対策のために15億ドルを集めたいそうです。

Read more

1/30 世界NTDの日

医学誌ランセットが2020年1月30日「世界NTDの日」について記事を発表しました。1月30日は、2012年の「NTDロンドン宣言」の記念日だそうです。 #BeatNTDs

The Lancet (2019) 2020: a crucial year for neglected tropical diseases

Read more

アステラス・グローバルヘルス財団、NTDs対策に750,000ドルの支援を表明

アステラス・グローバルヘルス財団がコンゴ民主共和国におけるNTDs対策を進めるため、The END Fund に対して 750,000米ドルを供与することを表明しました。

2018年に立ち上げられたアステラス・グローバルヘルス財団は、アステラス製薬がビジネスを展開していない低中所得国にて、精神衛生・顧みられない熱帯病や感染症・子供の健康の3分野において社会的貢献することを目的としています。

詳しい記事はこちら(英文)。

Read more

NTDキガリ宣言に向けた準備会合

世界中のパートナーによるNTDs対策へのサポートを打ち出した2012年のロンドン宣言。この後継となる宣言が、2020年6月にルワンダのキガリで出される予定です。Uniting to Combat NTDが主催する準備会合に、JAGntdも参加してきました。

キガリ宣言の準備会合(12/4-5、英国ブライトン)

準備会合には、 アメリカ、イギリス、スイス、ドイツ、カナダ からも参加し、各国での準備状況を共有しました。また、2020年に予定されている各種のイベントなどについても話し合いが進みました。JAGntdでは、キガリ宣言に向けて、日本国内の関係者との対話を深めていこうと考えています。

キガリ・サミットの詳細は、今後こちらのホームページに掲載される予定です。

Read more

GHIT R&Dフォーラム

12月6日、GHIT Fund主催のR&Dフォーラムにて、JAGntdがブースを出しました。足を運んでいただいた方、ありがとうございました。

Read more

NTDs議連、アフリカへの支援を政府に要望

「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」第2回会合を受けて

2019年11月12日、超党派の 「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」 がアフリカでNTDs対策を強化するための予算措置を求め、財務省に要望書を提出しました。https://nk.jiho.jp/article/146429

要望書の提出は、10月29日に行われた議連第2回会合の決議に基づいています。会合の詳細については、SDGsプロミス・ジャパンによる報告をご覧ください。

Read more

第60回日本熱帯医学会大会にてワークショップを実施、研究開発とアクセス&デリバリーをつなげるために

11月10日(日)、沖縄で開催された第60回日本熱帯医学大会にて、JAGntd主催のワークショップ「JAGntd:日本のNTD研究ネットワークの展望」を実施しました。

ワークショップでは、UNDP駐日代表の近藤氏、GHIT Fundより浦辺氏、JICAより平岡氏、ガーナ野口記念医学研究所よりアナン所長がキーノートスピーチを行った後、熱帯医学研究者がいかに医薬品のアクセス&デリバリーに関与・貢献できるのかについて公開討論が行われました。

医薬品の研究開発(R&D)から普及へとスムーズにつなげるため、日本のNTD研究者もアクセス&デリバリー(Access & Delivery: A&D)分野へ関心を高め、貢献していくこと、その動きをJAGntdとして推し進めていくことなどが確認されました。

Read more