Categories:

長崎でのリンパ系フィラリア症制圧ストーリー、済州島での制圧に向けたソウル大学と長崎大学の協働について紹介されています。 戦後すぐに米国で開発された駆虫薬(ジエチルカルバマジン)は特効薬であったが、日本人向けの服用量、服用 […]

Categories:

長崎大学 熱帯医学研究所 熱帯医学ミュージアムが主催し、リンパ系フィラリア症(LF)制圧をめぐる日韓の協働に関するイベントを開催します。詳しくはこちらから→長崎・済州島の記憶 さらに、2021.8.28(土)には、長崎大 […]
お知らせ

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。