【政府提案書提出】顧みられない熱帯病(NTDs)医薬品アクセス確保のための国際的な連携構築に向けて

日経アジア・アフリカ医療イノベーションコンソーシアム(AMIC) NTD部会により、2023年G7会合に向けた政府提言提案書が厚生労働大臣及び外務大臣宛てに提出されました。

本提案書では、世界的に未だに整備されていないNTDs医薬品のアクセスについて、G7会合において日本主導で議論を進めていくことを政府に提案するものです。グローバルレベルにおける持続的医薬品調達および薬事承認・ガイドライン策定の迅速化や、地域・国レベルにおける臨床試験の迅速化、NTDs医薬品の製造技術移転、保険システムおよびNTDsプログラムの強化などの諸機能を持つ仕組みの整備を求めました。

提案書の全文PDFは以下よりご確認いただけます(新規ウィンドウが開きます)。
(日本語)顧みられない熱帯病(NTDs)医薬品アクセス確保のための国際的な連携構築に向けて
(英文版)Building a global architecture to ensure access to health technologies for Neglected Tropical Diseases (NTDs)