JAGntd連続ウェビナー 第2弾「顧みられない熱帯症との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」の第2回ウェビナーの参加登録受付を開始いたしました。

シリーズ2回目は、アフリカ睡眠病(African Trypanosomiasis)に対する初の経口治療薬である新薬フェキシニダゾールの普及に取り組んできたDrugs for Neglected Diseases Initiative(DNDi)の方々から、新薬を普及させる上で直面するさまざまな障害や、それを克服する方法などについてお話を伺います。開発者の立場からの声を聞くことができる貴重な機会です。

参加登録はこちらから


第2回「開発者の視点:アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)の治療薬フェキシニダゾールについて」

2021年10月14日(木)16:00-17:00 (日本時間)

オラフ・バルベルデ・モール氏  顧みられない病気の新薬開発イニシアティブ(DNDi)
フローレント・ボウ氏      顧みられない病気の新薬開発イニシアティブ(DNDi)

参加費:無料

使用言語:英語(日本語による同時通訳あり)

※過去のウェビナーの概要や録画、今後のセミナースケジュールは以下のリンクよりご確認いただけます。

https://jagntd.org/ntdwebinar2021

Tags:

Comments are closed

お知らせ

JAGntd連続ウェビナー第2弾「顧みられない熱帯病との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」を開催中です。

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。