Categories:

著者によると、ネパールではここ数十年間で腸内寄生虫の発生率が急激に減少している。土壌伝染性蠕虫の減少に女性の地域保健ボランティア (Female Community Health Volunteer:FCHV)が果たす役割は大きく、ネパール全土に拡大していく必要があるとのことです。

記事はこちらから

Reducing Worm Infestations
Shyam P Lohani,
The Rising Nepal


Female Community Health Volunteer (FCHV)について知りたい方はネパール政府Ministory of Health and Population HP

Tags:

Comments are closed

お知らせ

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。