Categories:

コロンビアで実施された皮膚リーシュマニア症(CL)早期発見のためのモバイルアプリケーション活用に関する研究です。

詳細はこちらから

医療サービスへのアクセスが限定されてしまう遠隔地などでスマートフォンを活用したmHealthはそのギャップを埋める手段として有望である。本研究では、作成したモバイルアプリケーションを用いて、CLが流行している地域等で使いやすさ・感度・信頼性などの評価を行っている。筆者らは、アプリは容易に理解され、検出の感度も高いとしています。また、mHealth技術を用いることにより、医療サービスの行き届いていない人々へのアクセスを改善する可能性があると論じています。


Adaptation and performance of a mobile application for early detection of cutaneous leishmaniasis

Rubiano L, Alexander NDE, Castillo RM, et al.

PLOS Neglected Tropical Diseases. Public Library of Science (PLoS).2021; 15 (2) : e0008989.

Tags:

Comments are closed

お知らせ

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。