SPJオンラインセミナーのお知らせです。



SPJでは、オンライン・セミナー・シリーズ「ウィズ・コロナ時代のグローバルヘルスを考える:
感染症と人間の安全保障」を開催しております(過去セミナーYouTube公開中)。

次回のシリーズ第6回目は「新型コロナで見えた国際保健協力の課題」と題し、
東京都立大学教授・詫摩佳代先生を講師にお迎えいたします。

詫摩先生はご著書『人類と病–国際政治から見る感染症と健康格差』(中公新書)にて、
「第42回サントリー学芸賞」(政治・経済部門)を受賞されました(11月16日付で発表)!

グローバルヘルス・ガバナンス、国際政治学、国際機構論を専門として活躍されている
詫摩先生は、この分野で最も注目されている研究者のお一人です。

直接質問も投げかけられる貴重な機会です。ぜひご参加ください。


日程:2020年12月9日(水)18:30-19:30(60分間)
テーマ:新型コロナで見えた国際保健協力の課題
講師:詫摩佳代氏(東京都立大学法学部教授)
対象:社会人、大学生、グローバルヘルス・国際協力関係者など
開催方法:Zoomビデオウェビナー
▼こちらのリンクから事前にお申し込みください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_1l3u1HIsTjWN0MjUqUyC7A
※お申込みいただいた方には、参加用のZoom URLを送付致します。

【過去セミナー第1〜4回 YouTube公開中】
▼SPJ公式YouTubeチャンネル登録はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCsSlgpB_XUrW7CLKkhF0P9Q

Tags:

Comments are closed

お知らせ

JAGntd連続ウェビナー第2弾「顧みられない熱帯病との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」を開催中です。

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。