2021年5月20日「顧みられない熱帯病の根絶を目指す議員連盟」第四回会合にて、関連有志団体が日本のNTD政策に関する提案書を提出しました。この提案書は、本年6月に予定されていたキガリ・サミットで日本政府が表明しうるコミットメントについて、アイデアをまとめたものです。COVID-19の影響で、キガリ・サミットは延期となりましたが、本提案書は日本のグローバルヘルス政策にも示唆を与えるものであることから、ここに公開いたします。

全文リンク(日本語)

全文リンク(英語)

提案内容

  1. GHIT Fundへの投資を拡大する
  2. 政府開発援助(ODA)を使ったNTDs対策プロジェクトを増やす
  3. 世界保健機関アフリカ地域事務局のNTDs対策支援事業(ESPEN)への資金拠出および影響力を拡大する
  4. NTDs版「グローバル・ファンド」の設立に向けた動きをリードする
  5. NTDs対策に関わる市民社会団体への支援を増やす

Tags:

Comments are closed

お知らせ

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。