【ニュース】GHIT Fund 第16回「Hit-to-Lead プラットフォーム」のお知らせ

GHIT Fundより、「第16回 Hit-to-Lead(HTLP)プラットフォーム Proposal 募集」のお知らせです。


現在、GHIT Fundでは、マラリア、結核、シャーガス病、内臓リーシュマニア症に対処するための創薬・開発プロセスを支援する「Hit-to-Lead(HTLP)プラットフォーム」の第16回 Proposal 募集を公開しています。

詳しい情報は、こちら

Intent to Apply フォームはこちら。(Word ファイルがダウンロードされます)

Intent to Apply フォームの提出期限:2021年2月9日(水)午前10時(日本時間)

 

GHIT Fund は、グローバルヘルス技術研究開発の連携と資金調達をさらに促進し、その機運を高め、行動と結果を実証することを目的としています。Hit-to-Lead Platform (HTLP) は、日本における医薬品化学の専門知識を活用し、マラリア、結核、シャーガス病、内臓リーシュマニア症の治療薬開発のために、日本の企業や学術機関が有する関連性の高い多様な化合物へのアクセスを促進するために設計されています。

HTLP では、日本の化合物ライブラリーから得られた創薬ヒットを、化学的完全性、合成アクセス性、拡張性と新規性、機能的挙動、構造活性相関(SAR)、さらに生体生理学的特性や吸収・分布・代謝・排泄(ADME)特性を総合的に評価してリードシリーズに転換することを目的かつ主要要件としています。