Categories:

テレグラフ紙は、外務・英連邦・開発省がNTDsに関する資金を1億6,700万ポンドから今年は1,700万ポンドへ90%削減するようだと伝えています。
援助に関わる団体等は、この削減が既に製薬会社から寄付されている治療薬での治療も無駄にしてしまう状況につながるのではと懸念しています。

外務・英連邦・開発省は、「2020年イギリスは国際開発に145億ポンドを拠出して世界で第3位の援助国です。新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる英国経済への影響で一時的に援助額を減らす等厳しくも必要な決断を迫られています。現在、個々のプログラムの影響を調べており、決定事項は追って発表する」としています。

記事はこちらから

The Telegraph
UK government cuts almost wipe out funding to tackle neglected diseases

Exclusive: The government ‘risks children’s lives’ with the funding cut of 90 per cent, organisations say

By Jennifer Rigby,
GLOBAL HEALTH SECURITY CORRESPONDENT
29 April 2021 • 7:00am

Tags:

Comments are closed

お知らせ

JAGntd連続ウェビナー第2弾「顧みられない熱帯病との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」を開催中です。

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。