AMEDアフリカ感染症研究協力シンポジウム 11/5

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)主催、アフリカにおける感染症研究協力の国際シンポジウムが開催されます。ぜひご参加ください。

https://www.event-info.jp/amed_africa_symposium/

 


【趣旨】

  1. 日本よりアフリカにおいて展開されている感染症関連の事業の研究活動を国際機関、アフリカへアピールする
  2. プロジェクトや国を超えた連携、ネットワーク構築により、さらなる展開を目指す

 

【概要】

(1)日程:2020年11月5日(木)17:00~20:10 日本時間

(2)開催形式:リアル開催とウェブを組み合わせた開催

  • リアル開催:フクラシア丸の内オアゾ(ソーシャルディスタンス確保のため、招聘者のみとさせていただきます)でのリアル開催
  • 開催の様子を全参加者へのライブ配信
  • 発表動画、研究紹介ビデオをオンデマンド配信(2020年10月29日~2020年12月4日)
  • 通信環境が悪く、ライブ配信を視聴できない国・地域からの参加者には、事後にDVDなどのメディアを送付

(3)  公用語:英語(同時通訳なし)

 

【プログラム】

17:00     開会挨拶
17:05     来賓挨拶
17:10     基調講演
17:40     アフリカを対象とした成功プロジェクトからの発表
18:40     On-going project紹介・パネルディスカッション
20:00     閉会挨拶
20:10     閉会

 

【オンデマンド配信】 

  • 配信時期:10月29日~12月4日
  • 配信サイト:シンポジウム専用ホームページ
Read More

GHIT Fund:マラリア、顧みられない熱帯病の新薬開発に 約13.7億円の新規投資

GHIT Fundが、マラリア、シャーガス病、住血吸虫症、土壌伝播寄生虫症、ブルーリ潰瘍、皮膚リーシュマニア症に対する新薬開発7件に対して、総額約13.7億円の投資を行うことを決定したと発表しました。

https://www.ghitfund.org/newsroom/press/detail/290/j

Read More

開発途上国の感染症対策に資する診断薬・医療機器に関するアンケート

長崎大学熱帯医学研究所NTDイノベーションセンターでは、途上国の感染症や国際市場やに関心のある日本の診断薬・医療機器メーカーの皆様を対象としたアンケートを実施しています。当該分野における開発研究のパートナーシップを促進するため、ぜひアンケートにご協力ください。

 

Read More

GHIT Fund 公募情報

GHIT Fundより本日新たな公募情報が公開されました。
  • Intention to Apply 提出期限:2020年7月29日AM10:00
  • Full Proposal提出期限:2020年8月17日AM10:00
2020年7月22日(水)16:00 – 17:30(日本時間)
Read More

GHIT Fund 32.9億円の新規投資を決定

3月31日、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)が新薬開発11案件に計約32.9億円を投資することを発表しました。詳しくはこちら GHIT Fundによるプレスリリース

Read More

NTDs議連、アフリカへの支援を政府に要望

「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」第2回会合を受けて

2019年11月12日、超党派の 「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」 がアフリカでNTDs対策を強化するための予算措置を求め、財務省に要望書を提出しました。https://nk.jiho.jp/article/146429

要望書の提出は、10月29日に行われた議連第2回会合の決議に基づいています。会合の詳細については、SDGsプロミス・ジャパンによる報告をご覧ください。

Read More

顧みられない熱帯病の根絶を目指す議員連盟が発足しました。

2019年5月21日、塩崎恭久衆院議員を会長とし、秋野公造参議院議員を事務局長とする「顧みられない熱帯病の根絶を目指す議員連盟」が発足しました。発足式には、三原朝彦衆院議員、冨岡勉衆院議員や国光あやの衆院議員を始め、外務省、厚生労働省、JICA、AMED、GHIT Fund、エーザイ、NGOなどの多くの団体・企業からの参加があり、盛大に執り行われました。発足式では、議員連盟の名称の決定、会長の選任、活動の方針が採択され、終了しました。塩崎会長からは、NTDsは、最貧層のUHC、さらにSDGsの達成にとって重要課題であり、日本はその技術や経験を活かし、世界に貢献できるとの言葉が述べられました。

Read More