AMEDより下記のとおり公募が開始されますので、お知らせいたします。

 

————————————-
令和3年度 【公募予告】「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」に係る公募について

 

【公募内容】
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、令和3年度(2021年度)「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業 アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」に係る公募を、6月上旬頃に開始する予定です。本年度公募では、世界保健機関(WHO)が定める “Neglected Tropical Diseases”のうち、以下に指定する疾患(群)を対象とする研究開発の提案を募集します。

 

【指定疾患(群)】
ブルーリ潰瘍、包虫症、アフリカ睡眠病、リーシュマニア症、ハンセン病、マイセトーマ・黒色分芽菌症および深在性真菌症、河川盲目症、住血吸虫症、条虫症・嚢虫症
詳細につきましては公募開始時に公開される公募要領をご覧ください。

 

【事業概要】
我が国とアフリカ諸国の大学等研究機関において、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases:NTDs)の予防、診断、創薬、治療法の開発等を行い、成果の社会実装を目指すとともに、共同研究を通じて日本・アフリカの若手研究者の人材育成を行います。

Tags:

Comments are closed

お知らせ

JAGntd連続ウェビナー第2弾「顧みられない熱帯病との闘いにおける医薬品アクセス拡大の課題」を開催中です。

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。