第11回SPJオンラインセミナー「感染症対策で明らかになった日本政治・行政の問題点」のお知らせです。



SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ)では、オンライン・セミナー・シリーズ「ウィズ・コロナ時代のグローバルヘルスを考える:感染症と人間の安全保障」を開催しています(過去セミナーYouTube公開中)。

シリーズ第11回目は、2021年7月15日(木)に「感染症対策で明らかになった日本政治・行政の問題点」と題し、政策研究大学院大学教授の飯尾潤先生を講師にお迎えします!

【飯尾先生のプロフィール】
1962年6月29日 神戸市生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院・博士課程修了、博士(法学)。埼玉大学・助教授、政策研究大学院大学・助教授などを経て、2000年より政策研究大学院大学・教授(現在に至る)。ハーバード大学客員研究員、政策研究大学院大学副学長、政府の東日本震災復興構想会議検討部会長、復興推進委員なども歴任。放送大学客員教授を兼任。

著書:『改訂版 現代日本の政治』(放送大学教育振興会、2019年)、『現代日本の政策体系:模倣から創造へ』(ちくま新書、2013年、日本公共政策学会著作賞受賞)、『日本の統治構造:官僚内閣制から議院内閣制へ』(中公新書、2007年、サントリー学芸賞および読売・吉野作造賞受賞)、ほか多数。

 

現代日本政治論の権威で、中堅官僚を主たる対象として政策過程論などを講義・指導されてきている飯尾先生に、日本の行政組織や政権の行政運営について、直接ご質問いただける貴重な機会です!ぜひご参加ください。

当日は国際協力機構(JICA)北岡伸一理事長(SPJ名誉会長)にご挨拶をいただく予定です。

【セミナー概要】
日程 :2021年7月15日(木)18:30-19:30
テーマ:感染症対策で明らかになった日本政治・行政の問題点
講師 :飯尾潤先生
主催 :SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ)
対象 :社会人、大学生(ユース)、グローバルヘルス・国際協力関係者など
開催方法:Zoomビデオウェビナー ▼こちらのリンクから事前にお申し込みください。
https://bit.ly/3heyJaT
※お申込みいただいた方には、参加用のZoomURLを送付致します。

 

【過去セミナーもYouTube公開中です】
▼SPJ公式Youtubeチャンネル登録はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCsSlgpB_XUrW7CLKkhF0P9Q

Tags:

Comments are closed

お知らせ

2021年6月にルワンダの首都キガリで開催予定だった「マラリアとNTDsのためのグローバルサミット」は日程が延期となりました。